今のところオンラインカジノに手を出し違法性に心配は?

ゲームの結果でお小遣いを稼ぐと言う行為は「賭博行為」にほかなりません。オンラインカジノに手を出してもいいのか、と心配に思う方もいる事でしょう。でも、今のところそんな心配はありません。

賭博行為の犯罪性は刑法の第185条及び第186条「賭博及び富くじに関する罪」で規定されていますが、この中では国内における賭博行為が禁止されているにとどまっています。従って海外旅行などでマカオやラスベガスのカジノへ赴きゲームをしたところで、何ら罪に問われる事はありません。

オンラインカジノを運営している会社は全て国外に拠点を置いており、プレイヤーが日本にいたとしても海外のサーバにアクセスしていることになります。刑法にはオンラインカジノに関する条文が無く、サーバが国外ですから国外でゲームをしているのと変わらない、という解釈がされています。

また、賭博罪が成立するにはギャンブルの相手がいなければなりません。オンラインカジノはオンラインゲームであり、相手が人間ではないので賭博罪にはなりません。また、ディーラーがとりおこなうライブカジノであっても、ディーラーは国外にいるので日本の刑法は及びません。

条文が無いことからグレー視されていますが、全く問題なくゲームを楽しむ事ができます。