オンラインカジノでイカサマが発覚したら世界中から袋だたきに遭う

オンラインカジノにはたくさんのゲームが用意されていますが、本物のディーラーが場を仕切り、ライブ中継するいわゆる「ライブカジノ」が人気です。ライブ感と緊張感が楽しめるという事で支持を集めています。

「ディーラー」というと、映画やドラマでよく見られるように、意図的に誰かを勝たせたり負けさせたりが自由にできるようないイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。オンラインカジノ会社側では、より多くのプレイヤーにゲームしてもらうために、そのような懸念をもたれないような工夫をいくつもしています。カメラをいくつも配置し多くの視点からチェック、またライブであることの証明に放送局と契約しライブ配信用の番組を中継するなど、イカサマが無い事をアピールしています。

「でも、どこかでイカサマしてるんじゃないの?
・・・やっぱりやってるようにはみえないな」
みたいな楽しみ方もできますね。

ネットではひとたびイカサマが発覚したら、それこそ世界中から袋だたきに遭います。ですから、それでも発覚しないイカサマを考案するよりもわざわざ不正を行わない方が、会社にとっては経費節約と信用の維持にプラスになる、という合理的な運営方針が反映されているのです。